札幌記念予想(本命:ワグネリアン)

台風の影響が心配されましたが、大丈夫そうです。

昨年は外差しが決まりましたが、
・当日朝に雨が降っていた点
・マルターズアポジーやアイトーンが居た
という側面もあり、今年も同じような競馬にはならないと思います。

ということで、ある程度前に行ける馬を重視しました。



本命:ワグネリアン

かなり迷いましたが、本命はワグネリアンにします。

前走の大阪杯はスタートがあまり良くありませんでしたが、最後は馬場の悪い所に突っ込み、最短距離を抜けてきて3着です。

大阪杯:2枠2番

 

中団に構えられた事、仕上がりの悪い中でソコソコ走れた事は大きいです。

今回は栗東から天栄を経由して札幌に入るという調教過程となります。

天栄滞在はブラックボックスなのですが、調教内容を見る限り栗東で仕上げているはずです。

問題はコーナリング性能となります。

皐月賞は3コーナーから徐々に進出するつもりでしたが、コーナー性能が悪いのでポジションを上げる事が出来ませんでした。

皐月賞2018:1枠2番

 

今回は札幌なのでそこまでコーナリング性能が求められないと思います。

また、皐月賞のように最後尾からにはならないはず。

他に買いたい馬がおらず、小回りで多少割り引いても能力を評価して本命にした形です。

対抗:ステイフーリッシュ

先週の段階ではこの馬を本命にする予定でした。

大阪杯はスタートでペルシアンナイトに寄せられてズルッと下がったのが敗因です。

ステイフーリッシュの能力は高く評価しているものの、鳴尾記念、函館記念は「仕上がりが良くない」と判断して3番手評価でした。

コーナリング性能は良いですし、ポジションも前目が取れる今回は大チャンスです。

ただ今回の仕上がりもイマイチのように見えます。

ステイフーリッシュは調教がイマイチでも走る事があるので殆どのレースで印を打ってきたわけですが、G3で3着程度の走りだとワグネリアンには通用しないでしょう。

そのため対抗評価としました。

3番手:クロコスミア

「前に行ける」という理由で評価しました。

2走前・3走前は馬群の中で力を出し切れず、前走のヴィクトリアマイルが本来の実力です。

適性が無いであろう高速マイルであれだけやれれば十分強いと思います。

昨年の札幌記念は惨敗したものの、マルターズアポジーやアイトーンがいた結果です。

今年はハナか二番手が取れてゆったりと走れるでしょう。

調教を見る限り、昨年の札幌記念よりかは状態がいいはずです。

問題はコーナリング性能となります。

札幌なので大きなマイナス要因ではありませんが、馬群が密集した上でのスローの上がり比べなら、外から飲み込まれるかもしれません。

4番手:フィエールマン

現在一番人気です。

この馬は菊花賞からスタートが安定しているのがポイントとなります。

ルメール騎手が100点満点の騎乗をして、しっかり実力を出し切っている印象です。

コーナー性能はそこまで悪くありません。

仕上がりについても函館ウッドでじっくり調教できているので、悪くはないでしょう。

ただ能力的にはどうでしょうか。

冷静に考えてワグネリアンやブラストワンピースと互角どころか若干劣る気もします。

この人気なら本命にはできませんでした。

押さえ:ペルシアンナイト

前走の安田記念はスタートで不利を受けたのが敗因です。

安田記念:7枠13番

 

2走前の大阪杯は最終コーナーで大きく外へ膨れたのが敗因です。

不利さえなければ、それなりに走っています。

ただ状態的にはどうでしょうか。

休み明けはあまり走りませんし、今回はブリンカー着用です。

これまでのレースを見る限り、精神的な問題があるようには見えません。

ブリンカーはむしろ逆効果に働く可能性が高いのではないでしょうか。

オッズ的に美味しいとは思いますが、押さえ評価までです。

押さえ:ブラストワンピース

目黒記念の敗因はよく分かりませんが、おそらく仕上がってなかったからでしょう。

大阪杯の敗因は必要以上に外を回されたことです。

この春の負けは気にしなくて構いません

外から捲くる競馬は無理なので、内枠を引けたのはいいと思います。

問題は馬群を抜けて来られるかどうかです。

馬群突破の経験はあるものの、今回おそらく馬群が密集すると思います。

コーナリングが上手いわけでもありませんし、器用な馬でもないので、そこが気になりました。

また状態についても、仕上がってるかどうかは微妙です。

前走の敗因もイマイチ掴めないので、押さえ評価としました。

いつもはもう1頭印を打っていますが、今回は以上です。

いい馬がいませんでした。

 

札幌記念って人気馬が舐めプ仕上げで出てくる事により、穴馬が来るレースです。

今回のレースも「大半の馬にチャンスがある」と楽しみにしておりましたが、穴馬の方が舐めプ仕上げのような気もします。

具体的には
サクラアンプルール
クルーガー
ランフォザローゼス
ゴーフォザサミット
あたりがヒモ候補だったものの、状態がイマイチそうなので全部見送りました。



予想の印

◎ワグネリアン
◯ステイフーリッシュ
▲クロコスミア
★フィエールマン
△ペルシアンナイト
△ブラストワンピース

無印:サングレーザー

今年に入ってからの内容がピリッとしません。

海外に行ってから状態が戻って来ない印象です。

今回の調教もどうでしょうか。

昨年は勝ちましたが、その時よりも若干劣るような気がします。

別に買ってもいいと思いますが、「この人気なら買う必要は無い」と判断して見送りました。

消し馬については
ナイトオブナイツ
エイシンティンクル
ロードヴァンドール
の3頭だけにしておきます。

北九州記念の予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。