小倉記念の予想(本命:メールドグラース)

逃げるのはシャイニービームかタニノフランケルだと思われます。

テンのスピードはシャイニービームの方が速いはずですが、ゲート内で注意散漫な馬です。

2走前みたいにダッシュがつかない事もあるでしょう。

枠順的にもタニノフランケルが行く可能性が高いと思います。

タニノフランケルもテンのスピードはそれなりに速くて、逃げた時には縦長になるのですが、単騎になればペースを落とす事が出来る馬です。

そのため、案外厳しい競馬にはなりません。

実質的なペースはスローから平均ペースと見て予想します。

馬場については例年通りでしょう。

後ろからだと難しいと思います。

「いいポジションが取れる馬」を中心に印を打ちました。



本命:メールドグラース

ここまで連勝で来ています。

圧倒的な内容ではありませんが、このメンバーに入って57.5KGでも実力上位でしょう。

中団のポジションには付けられそうですし、コーナー性能も悪くありません

 

不安なのは川田騎手が内へ入れる可能性となります。

何故ならこの馬が負ける時は「馬群の中に入れて脚を余した」形ばかりだからです。

ただ、今回は外目の枠を引きましたし、ノーザン関係の馬が多いので「閉じ込められる可能性も低いのでは?」と見て本命にしました。

対抗:アイスストーム

ここ2走の内容は圧倒的なパフォーマンスです。

特に前走は出遅れたにもかかわらず、圧勝でした。

垂水S(7枠14番)

 

降級が無くなったので、以前の1600万クラスよりレースレベルが下がっているものの、能力的にはここでもトップだと思います。

問題は内枠&小回り適性です。

おそらくここ2走と同様に外へ出すとは思いますが、3-4コーナーを上手く立ち回る事は出来るでしょうか。

若い頃は小回りでも結果を出していますが、逃げて押し切った形なので再現性がありません

能力的には高く評価するものの、立ち回り性能の差でメールドグラースを上に取りました。

3番手:カフェブリッツ

穴はおそらく前へ行く馬です。

前走の七夕賞はいいポジションが取れませんでした。

今回のメンバーならタニノフランケルの後ろには付けれると思います。

調教が良かったというのも買う理由です。

また、高速馬場の逆瀬川ステークスで強い勝ち方をしたように、馬場による上積みもあるかもしれません(近2走は稍重馬場での敗戦)。

逆瀬川ステークス(3枠3番)

 

スタートは多少不安定な馬で、藤井騎手だと・・・ですが、このオッズなら高く評価したい一頭です。

4番手:シャイニービーム

こちらも前に行くという理由で買います。

3走前は「オーバーペース」でしたし、2走前は「外伸び特殊馬場でキレ負け」した形です。

前走は位置取り的に恵まれた部分もありますが、今回も恵まれる可能性が高いと思います。

2000Mはダートでこなしていますので、スタミナ的には問題無いでしょう。

古馬になってからは芝のレースを3レースしか走っておらず、まだ経験的な上積みがあるかもしれません。

調教的には平行線だと思いますが、オッズを考えればこちらも高く評価したい一頭です。

押さえ:クリノヤマトノオー

前走の七夕賞は馬場の悪いところを通ったのが敗因だと思います。

オープンに上がってから力の出し切ってない競馬が多いのと、小回りも走れる馬なので、今回も狙いました。

ただ、前回は「差し馬有利」を想定して対抗評価でしたが、今回は「逃げ・先行馬が有利」と見ているので押さえまでです。

押さえ:ノーブルマーズ

前走の宝塚記念は内先行有利の結果でした。

外を回して追い込んで来た事を考えれば、高く評価していいと思います。

一瞬の切れ味が無いので、「今回も展開が向かない」と見ていますが、能力的には十分通用するはずです。

押さえ:アイスバブル

「いちおう押さえました」
という程度の評価となります。

小倉で結果こそ残っていますが、レースを見る限りは直線が長くて広いコースが良さそうです。

今回も後ろからとなりそうですし、コーナーで外から捲くる競馬も出来ないはずなので、押さえの押さえという評価となります(無理に買う必要は無いのですが、他に印の打てる馬が居ないので)。



予想の印

◎メールドグラース
◯アイスストーム
▲カフェブリッツ
★シャイニービーム
△クリノヤマトノオー
△ノーブルマーズ
△アイスバブル

無印:カデナ

コーナリング性能が高く、小回りが得意な馬です。

そのためこういうコースは得意なのですが、前2走は展開に恵まれて3着がやっとでした。

今回のメンバーはコーナーリングの下手な馬が多いので、3-4コーナーで捲くれば面白いのですが、4走前に北村友一騎手が乗った時にはそういう競馬をやっていません。

そもそも、相手強化なので恵まれても厳しいでしょう。

あと、函館記念に出なかったというのも気になりました。

「中1週では使えないレベルで頑張って走った」結果だと思います。

レース間隔は中4週あるものの、疲れた上で北海道から小倉に輸送する形です。

状態が万全だとは思えませんので、無印とします。

消し:タニノフランケル

「先行馬有利」想定していますが、あえての消し評価です。

金鯱賞以降、凡走が続いています。

前走の七夕賞はオーバーペースという要因はあるものの、舌を出して走っていているのが気になりました。

七夕賞(4枠8番)

 

「レースを真面目に走る気がない」から伸び悩んでいるのだと見ています。

松若騎手に乗り代わってプラスになるとは思えないですし、今回も消してみました。

以下同様に
アウトライアーズ
レトロロック

を消し評価とします。

レパードSの予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。