ローズステークスの予想(本命:シゲルピンクダイヤ)

展開予想については難しいです。

逃げそうな馬が一頭もいません

ラシェーラが前走で大逃げしているものの、陣営が「引っかかった(意図して大逃げしてない)」とコメントしているだけに、今回は行かない可能性もあります。

もし仮に大逃げをしたとしても、後ろは無視するでしょう。

そのためスローの上がり比べになると見て買います



本命:シゲルピンクダイヤ

オークスではゲート内で外傷を負ったのが敗因だそうです。

内容的には惨敗でしたが、気にしなくていいでしょう。

 

 

スローの上がり勝負なら、この馬が最上位と見ました。

慢性的な脚元の不安が解消され、久しぶりにCWコースで調教ができたのもプラス材料だと思います。

仕上がりに関してはおそらく「次の秋華賞に向けての叩き」レベルだと思いますが、ライバル馬の仕上がりもそんな感じなので本命評価です。

対抗:シャドウディーヴァ

オークスでは本命を打ちました。

岩田騎手が完璧に乗ってくれて、勝つような脚色でしたが 、ゴール手前で急失速します。

その原因がよくわからないのですが、ひと夏越して調教は格段に良くなりました

「輸送がある」
のと
「スローの上がり比べだと劣りそう」
という理由で本命にはしませんでしたが、こちらも高評価です。

3番手:ダノンファンタジー

オークスでは川田騎手が完璧に乗ったと思いますが、シャドウディーヴァ同様に結果が残りませんでした。

敗因が距離であるならば、今回はプラスです。

ただ仕上がりに関してはどうでしょうか。

調教がイマイチのように見えます。

あくまで目標は次です。

それでも何とかなると見て軽視はしませんでした。

4番手:ウィクトーリア

前走オークスの敗因は出遅れです。

出遅れなければ馬券圏内だったと思いますが、ゲートの中で落ち着きがない馬なので毎回出遅れのリスクがあります。

ただ今回は阪神1800Mです。

後ろからでも何とかなりますし、頭数も少ないので少し出遅れるくらいなら大丈夫のはず。

ちなみに、この馬は関東馬ですか早めに栗東入りしています。

栗東CWでの内容を見る限りそこまで仕上がってないようにも見えますが、輸送リスクは軽減されているので軽視できないです。

押さえ:ビーチサンバ

オークスでの敗因はよく分かりません。

外枠で外外を回され「距離損で負けた」とも言えますが、それにしても負けすぎです。

調教を見る限りこちらもピンとこないので、阪神外回り実績を評価しても押さえ評価が妥当だと思います。

押さえ: ラシェーラ

「前に行ける」という理由で買います。

前走は引っかかって大逃げとなりましたが、一応残り1800 M地点までは先頭でした。

2走前のスイートピーステークスはレーン騎手が後ろからの競馬を選択しましたが、後ろからでも普通に引っかかりました。

3走前の忘れな草でも道中引っかかりました。

ただ引っかかっても、それなりには走っています(2走前・3走前の勝ち馬はオークス1-2ですし)。

今回は大逃げしないはずですが、藤岡佑介騎手が前回乗ったように「ある程度先行させる」と思います。

前目で競馬して恵まれる事に期待して、いちおう押さえました。

今回は12頭立てなので、いつもより印を1頭少なくしております。



予想の印

◎シゲルピンクダイヤ
◯シャドウディーヴァ
▲ダノンファンタジー
★ウィクトーリア
△ビーチサンバ
△ラシェーラ

無印:スイープセレリタス

印が回りませんでした。

その理由は折り合いに難があるからです。

1600Mですら折り合いを欠いているので、1800に伸びていいとは思えません。

ルメール騎手が乗った2走前は後ろからの競馬となりました。

今回はどうなるか分かりませんが、後ろからだと厳しいと思います。

昨年のカンタービレみたいに前目で折り合って早仕掛けをするなら可能性もありますが、ルメール騎手はそういう競馬をするのでしょうか。

というのも秋華賞本番はコントラチェックに乗ります。

そのため、逃げ先行馬を増やしたくはないでしょう。

「昨年の秋華賞はアーモンドアイに乗るから、ローズステークスで積極的な競馬が出来た」と見ることも可能です。

そういった理由もあり、買いたくありません。

でも、書いてて気が付きましたがスイープセレリタスは藤沢厩舎なので、ここで勝っても秋華賞は使わないかも・・・。

グダグダな分析となりましたが、どうしても当てたい人は押さえておけばいいです。

消し馬については

ベストクィーン
モアナアネラ

のみとします。

セントライト記念の予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開予定ですが、まだ印が打てないので日曜夜までに打っておきます。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。