函館記念の予想(本命:マイネルファンロン)

逃げ候補はマイスタイルとマイネルファンロンとドレッドノータスです。

前走の巴賞でマイスタイルはゲートから押して出て行き、マイネルファンロンより前に出ています。

マイスタイル3枠5番・マイネルファンロン2枠4番

 

ただ、ゲートダッシュを見る限り、マイネルファンロンの方が速そうです。

距離延長なのでマイスタイルが無理に出していかないなら、今回は一転してマイネルファンロンの方が行くかもしれません。

ちなみにドレッドノータスはゲート内で落ち着かない馬なので、上記のように出遅れる事もあります(4枠8番)。

ちゃんと出ればハナ争い出来るスピードがあるものの、そこまで速いペースを刻む馬ではないです。

マイネルファンロンがハナを切ってもペースが速くなるとは思えないので、スローペースと見ています。

週末は雨予報でしたが、今日も明日もそこまで降る様子じゃありません。

良馬場を前提に予想します。



本命:マイネルファンロン

前走の巴賞は他にも逃げ馬が多く、4コーナーで前が詰まりました。

結果、外差しの決着です。

敗戦に関しては全く気にする必要はないでしょう。

コーナリング性能がいいので、4コーナーで早め先頭・後ろを突き放す競馬が出来る馬です。

前走の巴賞では馬群の中に居てそれが出来ませんでしたが、今回は枠順的に包まれないポジションになるでしょう。

3走前のように強気先頭で最後止まる事もありますが、函館なら少々脚色が鈍っても大丈夫だと思います。

状態に関しても上向きだと思います。

おそらく巴賞は調教替わりで(昨年の北海道参戦時と比べて調教の本数が少なかったので)、最初からここが目標だったはず。

中一週ですが、強い調教も出来ました。

人気も無さそうなので、この馬を本命とします。

対抗:エアスピネル

外枠で2000Mとなれば札幌記念で引っかかったのを思い出しますが、それでも最後までよく踏ん張っています。

2000Mは多少折り合いに不安があっても守備範囲なので、大きく軽視する必要はありません。

半年以上の休み明けですが、入念に乗り込んでいます(エプソムカップを使う予定でしたが直前に何かがあって1ヶ月半の再調整)。

完調では無さそうですが、8割~9割の出来にはありそうです。

前走のマイルCSは内伸び馬場を外から強気に早め先頭で最後止まったものの、大きくは負けていません。

昨年3戦はベストな状態で走ってないはずなので、完調でなくてもこの相手なら通用すると見ました。

3番手:ステイフーリッシュ

能力は高く評価しているものの、前走は「仕上がってない」と見て本命にはしませんでした(3着)。

小回り2000Mの競馬を得意としています。

中谷騎手への乗り替わりについては、何も心配していません

仕上がっていれば本命にするつもりでしたが、残念ながら今回も調教がイマイチのように見えます。

前走や京都新聞杯のように「調教がイマイチ」でも走ったりする馬なので、この馬にかんして僕の調教の見立て自体が間違っている可能性もありますが、3番手に落とした形です。

4番手:ポポカテペトル

2000Mへの距離短縮を評価しました。

血統的には長いところがいいとは思えません。

2000Mは3戦して結果が出なかったものの、どれも能力を出し切ってない競馬です。

そのため今回が最大の狙い目だと思いますが、問題はこちらも状態となります。

前走は最後の直線入り口で終了したように、復活までちょっと時間がかかりそうな内容でした。

今回の調教もピンと来ません。

押さえ:ゴールドギア

「コーナリング性能がいい」という理由で押さえました。

昨年の函館(500万)のようにコーナーで動くことが出来ます。

前走は出遅れて、後ろから行き過ぎたのが敗因です。

戦歴的にまだ伸びしろがある4歳馬に52KGというハンデは恵まれたと思います。

押さえ:ドレッドノータス

前走はゲートから出て隣の馬にぶつかってしまいました

昇級後は力を出しきれないレースが多く、まだ見限ってはいけない馬です。

人気が無いので押さえておきます。

押さえ:マイスタイル

前走は内で包まれて出てこれず、参考外です。

ここでは当然能力上位なのですが、今回も枠順が・・・。

「包まれて何も出来ない」という可能性も十分ですし、行ったら行ったで最後パタリと止まる事もあるので、押さえ評価としました。



予想の印

◎マイネルファンロン
◯エアスピネル
▲ステイフーリッシュ
★ポポカテペトル
△ゴールドギア
△ドレッドノータス
△マイスタイル

無印:レッドローゼス

前走は恵まれたという印象で、今回は再現性がありません。

また、馬群を割った経験があまりないので、多頭数の最内枠はどうでしょうか。

能力的には十分通用しそうですし、調教も良かったので、買ってもいいのですが、印が回りませんでした。

無印:ブラックバゴ

小回りのロングスパートレースを得意としている馬です。

前走は流れが向かなかっただけで、小回りの今回も引き続き警戒は必要だと思います。

問題は新人の斉藤騎手です。

スタートと折り合いが難しい馬なので乗り替わりはマイナスだと見ています。

そのため、馬の能力や適性は高く評価するものの、印は回りませんでした。

今回はどの馬にもチャンスがありそうなので、消し評価馬は
マイネルサージュ
だけとさせて頂きます。

[最強]競馬ブログランキング





この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。