ユニコーンステークスの予想【本命:アシャカトブ】

 

という事で、予定を変更してユニコーンSの予想記事を書きます。

 

逃げると思われたサトノギャラスは競走除外。

ただイメルもソコソコ速いですし、前に行く馬も多いので、平均ペースくらいにはなると思います

馬場については明日晴れるものの、おそらく「良馬場まで回復しない」のではないでしょうか。

重・稍重を想定して予想します。



本命:アシャカトブ

現在単勝13番人気です。

15頭立て2頭除外なので、最下位人気となります。

「どうせ当たらないなら、大穴から攻めたろ」
の精神です。

前走青竜ステークスはスタート直後に両隣から挟まれてズルっと下がりました

青竜ステークス(7枠10番)

芝スタート自体は悪くないですし、今回は大外枠なので挟まれる心配はありません。

調教も良かったですし、2走前の稍重馬場では勝っています。

不安点は能力が若干足りない事です(´・ω・`)みんな知っているから最下位人気。

ただ、上位人気馬は何かしらの不安点があるので、繰り上がりで馬券圏内に入る可能性はいくらかあると見て本命にしました。

対抗:デアフルーグ

この馬も前走は青竜ステークスで、スタートで出遅れました(上記動画1枠1番)

最後の直線で最内を突いて2着まで来ましたが、若干脚を余した印象です。

前回が初の芝スタートだっただけに、2回目の前進に期待します。

不安点は足抜きのいい馬場です。

経験がありませんし、血統を見てもプラスだとは思えません。

枠は今回も内目を引いてしまいました。

状態については平行線くらいだと思います。

週頭はこの馬が本命予定でしたが、オッズを考えてアシャカトブに切り替えました。

3番手:ヴァイトブリック

前走兵庫CSはスタート後にバランスを崩したのが敗因です。

僕は地方競馬に詳しく無いのですが、あの場所(園田競馬場の向正面スタートの大外枠)は滑りやすいという事を何かの番組で聞いた記憶があります。

それなら今回同じような事が起こる可能性は低いでしょう。

東京1600Mにも実績がありますし、能力的に底を見せているわけでも無いので、この人気なら積極的に買いたいです。

4番手:ノーヴァレンダ

調教はこの馬が一番いいように見えます。

ただ、前走の敗因はよく解りません。

それだけに買いづらいです。

ひょっとしたら馬群の中が駄目だった可能性があります。

今回は外枠です。

人気していますが、ガラリ一変もあると見て買いました。

押さえ:デュープロセス

着差的に圧倒的じゃないものの、連勝で来ています。

過去のレースを見る限り、足抜きのいい馬場でいい末脚を見せています

ただ問題は状態です。

最終追い切りが軽すぎるのが気になりました。

近走はそれなりのタイムが出しているだけに心配です。

この人気なら思い切って消しても良かったのですが、いちおう押さえておきます。

押さえ:ダンツキャッスル

3歳になって成長したのか、距離を伸ばして良くなったのか解りませんが、2歳時とは別馬になりました。

前走も圧勝したように底が見えてません。

ただ、スタートに難があるのが気がかりです。

距離短縮もどうでしょうか。

未知の魅力という理由で押さえましたが、人気相応な気がします。

押さえ:ニューモニュメント

前走の青竜Sは最後いい末脚で突っ込んで来ました。

しかし、3~4コーナーを上手く立ち回ったので「力を出し切った」という評価となります。

外枠を引いたので、今回も同じような競馬が出来るとは限りません。

前走は本命馬に先着しているので押さえましたが、こちらも人気相応だと思います。



予想の印

◎アシャカトブ
◯デアフルーグ
▲ヴァイトブリック
★ノーヴァレンダ
△デュープロセス
△ダンツキャッスル
△ニューモニュメント

無印:ワイドファラオ

最後まで買おうか迷いましたが印が回りませんでした。

最内枠を引いたのが軽視した理由となります。

1つ外隣に居るイメルが速そうなので包まれる可能性が高いからです。

ニュージーランドTは恵まれただけですし、前走のNHKマイルも馬場のいい所を通っています

もし仮にハナを取れたら怖い一頭ですが、この人気なら買わないです。

今回は「どの馬にもチャンスがある」と思っていますので、消し評価馬を挙げるのは見合わせます。

函館スプリントSの予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。