オークスのレース動画・振り返り2019

本命のシャドウディーヴァは岩田騎手が100点満点の騎乗をしてくれました。


 

残り200までは勝つ勢いでしたが、そこから失速して6着(´・ω・`)。

パトロールを見た感じ、最後の直線で内の方にもたれていたのが伸びなかった原因だと思います。

東京芝経験が豊富で、過去にそういう症状を見せて無かっただけに不思議です。

対抗馬のダノンファンタジーも注文通りの競馬でしたが、最後は伸びませんでした。

状態が悪かったと見ているので、立て直して秋以降に期待します。

レースは僕の予想に反してジョディーがハナを取りきりました。

コントラチェックは全く行く気が無く、2番手に付けます。

ペースは平均からやや速いといった所でしょうか。

勝負のポイントは4コーナーでした。

エールヴォアが早めに来ます。

更にカレンブーケドールが外から被せて来ました。

コントラチェックやクロノジェネシスは馬場の悪いゾーンに閉じ込められてしまいます

そんな中で上手く外へ出せたシャドウディーヴァが勝つかと思いましたが、カレンブーケドールが止まりません。

カレンブーケドールは1コーナーから外を回した上に、あんな早仕掛けすれば、普通はバタバタになるはずです。

最後まで持つとは思いませんでした。

スイートピーSではセリユーズという強い馬を負かしたのですが、「セリユーズはどうしてカレンブーケドールに負けてしまったのだろう?」と僕は考えてしまって、「カレンブーケドールが強い」という可能性を排除してしまうミス。

カレンブーケドールは元々新馬でダノンキングリーとアタマ差だったので、「クイーンSの凡走の理由をもっと調べておくべきだった」と反省しております。


平安振り返り

予想解説

【重賞予想の印は前日夜に[最強]競馬ブログランキングで打っています。】

ヒモ抜け(´・ω・`)。

結果的には外を回して追い込んだ馬の1-2-3です。

騎手のレース後コメントを見ると前が速いという感じでしたが、実際のラップを見ると向正面で大きく緩んでいます(例年より3秒くらい遅い勝ちタイムです)

残り800からはきちんとペースアップしていますし、上位の差し馬も36秒台の末脚なので前に居る馬が残ってもおかしくは無いのですが、結果的にこうなりました。

 

無印にしたオメガパフュームは1コーナー進入時点で外を確保しています。

スローなのを見越して早めの進出したのも好騎乗です。

デムーロ騎手にしてやられましたm(_ _)m。

 

チュウワウイザードとモズアトラクションはオメガパフュームに付いて行く形で恵まれたと思います。

一方で穴馬として期待したグレンツェントは内に突っ込んでしまい、馬群を抜け出す頃にはレースが終わっていました。

 

次週の注目馬を
人気ブログランキング

[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。