秋華賞予想(本命:クロノジェネシス)

今日の京都競馬場は大雨の中、不良馬場で行われました。

明日は晴れるそうですが、どこまで乾くでしょうか。

JRAが頑張って乾かすとは思いますが、重か稍重と見て予想します。

今日は馬場の内側が駄目で「外先行有利」でしたが明日は解りません。

いちおう内外差ナシと仮定しました。

 

逃げるのはコントラチェックだと思います。

この馬は折り合いが難しい馬で、縦長の流れを作る可能性が高いです。

後ろの馬はロングスパートの適性が求められるのではないでしょうか。



正直な話、馬場の予想すら当たる気しないので、馬券の方もお察しですがお付き合いください。

 

本命:クロノジェネシス

雨絡みという事で急遽本命にしました。

オークスは最後の直線で馬場の悪い所を通ったのが敗因となります。

 

オークス1枠2番

それで3着を死守している点を、評価しました。

 

いちおう新馬戦で小回り・稍重・馬群の中とシチュエーションを経験済みです。

調教に関しては急仕上げという印象ですが、オークスから直行というのは夏から決まっていたので、トラブルがあったわけではありません。

そこそこ仕上がっていると見て問題無いでしょう。

単勝は売れていないですが、馬連だと3~4番人気となっています。

それでも「雨適性」と「ペース適性」を理由を理由に、この馬を本命としました。

対抗:カレンブーケドール

紫苑Sでは上がり比べで切れ負けしたのが敗因だと見ています。

やはりこの馬の持ち味は、オークスでやったような早仕掛けで粘り込むレースです。

今回は縦長でコントラチェックを追いかける流れになるはずなので、この馬に向くと予想しました。

過去の負けたレースにも理由が存在し、まだ底を見せていません。

枠もいいところを引けました。

問題は輸送となります。

台風が来ることを見越して、関東馬は金曜時点で関西に移動したらしいです。

2日前から滞在することにより、輸送のダメージが少ない可能性も十分あるでしょう。

データだけ見ると、「秋華賞は初関西遠征の関東馬は馬券なってない」のですが、今年に限っては違うかもしれません。

3番手:シェーングランツ

この馬はオークスの予想記事でも解説したように、1600 M の競馬はペースに付いていけてません

距離が延びてこその馬だと思います。

そのためのオークスでは本命予定だったのですが、調教があまりにも軽すぎて無印としました(フケという噂も)。

レースでは武騎手がわざと出遅れたように見えます。

後ろポツン着拾いの競馬で7着です。

 

今回は坂路中心というのが気になるものの、調教量は十分だと思います。

輸送前ですが調教後馬体重もしっかり増えていて好印象です。

この馬は関西圏への輸送経験が複数回あるので、大丈夫でしょう。

今回も後ろからの競馬になると思いますが、コントラチェックのペース次第ではハマる可能性があります。

 

4番手:コントラチェック

オークスは「ハナへ行かなかった」事と、「外伸び馬場」が敗因です。

ジョディーにハナを急がせて、ジョディーの真後ろで折り合おうとしたのですが、失敗しました。

1600Mでも引っかかるくらいですから、この距離だと厳しかったようです。

今回は先行馬が多いものの、ジョディーのような速い馬が居ません

おそらく逃げると思われます。

この馬は逃げれば圧勝しているため、軽視出来ません。

問題となるのは「輸送」、「外伸び馬場の可能性」、そして「道悪適性」です。

特に道悪に関しては疑問が残るので、4番手としました(良馬場なら本命でも良かったです)。

押さえ:フェアリーポルカ

立ち回り能力を評価していて、内枠を引けば本命も考えていたのですが、外目の枠を引いてしまいました。

調教も正直ピンと来ません。

道悪適性についても微妙です。

無印でも良かったのですが、前週段階の注目馬として挙げていたので、一応押さえておきます。

押さえ:シャドウディーヴァ:

前走のローズSの敗因がよく分かりません。

高速馬場や上がり比べ、折り合いを欠いた事、初の関西遠征などが考えられますが、それを考慮しても負け過ぎです。

でも今回は栗東滞在となります。

高速馬場や上がり比べにもならないでしょう。

血統的に道悪が寧ろアドバンテージになるかもしれません。

オークスは岩田騎手が完璧な騎乗をしたので力負けだと思いますが、ダノンやクロノとほぼ互角です。

そのため、このオッズなら押さえてもいいでしょう。

あとはテン乗りの松山騎手がきちんと乗れるかどうかとなります。

押さえ:ダノンファンタジー

最後まで迷いましたが、無印にはできませんでした。

前走のローズステークスではスタートを決めてしまい、無理やり手綱を引いて下げました。

4枠4番

折り合いも欠き、スムーズな競馬はできませんでしたが、それでも勝ちきります。

 

調教を見る限り、前走より状態がいいはずです。

ただ、距離が延びていいとは思いません

道悪適性も小回り適性も未知数です。

能力的には高いので一応押さえましたが、オッズ的には飛んでくれることを願います。



予想の印

◎クロノジェネシス
◯カレンブーケドール
▲シェーングランツ
★コントラチェック
△フェアリーポルカ
△シャドウディーヴァ
△ダノンファンタジー

無印:シゲルピンクダイヤ

前走は折り合いを欠いたので負けたのかもしれませんが、ちょっと物足りない内容です。

問題はゲートとなります。

オークスの時には暴れて外傷を負いました。

そのためローズステークスでは先入れとなりましたが、今回はどうなるでしょうか。

秋華賞はスタンド前発走なので、純粋にマイナスだと思います(明日はお天気は晴れなのでお客さんはソコソコいるはず)

前走本命にして、今回買わないというのは嫌な予感しかしませんが、印が回りませんでした。

消し:エスポワール

過剰人気の印象なので、思い切って消してみました。

おそらく前走の内容が評価されているからこの人気だと思います。

重馬場で2勝クラスの馬に0.7秒突き放して勝ちました。

ただ、2着の馬は最後エスポワールの真後ろに入った所でバランスを崩して急失速しています。

少頭数でしたし、そこまで高く評価出来る内容ではありません。

 

またシュタルケ騎手への乗り替わりも疑問です。

この馬は乗り難しい所があり、戸崎騎手が乗った時は折り合いを欠いて負けています。

外枠も気になるので、それで現在2番人気なら切りました。

他には
トゥーフラッシー
ローズテソーロ
シングフォーユー

を消し評価とします。

府中牝馬の予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開予定ですが、まだ印を打てないので日曜夜にでも打っておきます。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。