キーンランドカップの予想(本命:ナックビーナス)

逃げ候補は結構います。

セイウンコウセイ、カイザーメランジェ、ライオンボス、ひょっとしたらシュウジも絡んでくるかもしれません。

ただセイウンコウセイが簡単には譲らないと思いますので、それなりに厳しい流れとなるでしょう。

今日のレースを見る限り、馬場は若干外がいいのかもしれませんが、距離損なく内をうまく立ち回れる馬を買いたいところです。



本命:ナックビーナス

本命はこの馬にしました。

高松宮記念ではダノンスマッシュに邪魔されたのが敗因です。

高松宮記念パトロール(5枠9番)

 

昨年のこのレースはハナを切る形で圧勝でした。

今年のメンバーを見る限りハナは無理だと思いますが、セイウンコウセイの後ろくらいにはつけられると思います。

元々内枠が得意な馬ですし、このオッズ(現在8番人気)なら本命としました。

状態については例年の北海道ぐらいの調教はできているので問題ないとは思いますが、海外帰りということだけが不安です。

対抗:ダノンスマッシュ

前走はナックビーナスなど他馬を妨害した結果、4着。

この結果をどう見るかは難しいですが、厳しく見積もってもこの相手なら能力上位だと思います。

元々函館スプリント(除外)である程度仕上がっていたので、調教量は十分です。

本命でもよかったのですが、オッズと枠順を考えればナックビーナスを上に取りました。

3番手:リナーテ

1600 M では折り合いを欠くものの、1400 M・ 1200 M では安定した成績を残しています

前走も内容的に完勝です。

外をブン回して差す競馬で結果を残しているので、この枠順も問題ないでしょう。

あとは力関係です。

状態に関しては特に上積みはなく平行線だと思います。

4番手:シュウジ

一時期は喉の問題で不振を極めましたが、陣営の努力により立ち直りました

2年前のこのレースはモレイラ騎手が乗って大惨敗でしたが、あの頃とは違います。

最近はダートを使っていますが、芝スタートでの行きっぷりはよく、昨年暮れの芝1200の内容も悪くありません。

そのため「芝ではもう通用しない」というわけではないはずです。

 

状態については函館スプリント(除外)時は叩き仕上げでしたが、今回は2ヶ月かけてしっかり仕上がったように見えます。

3年前のこのレースは2着ですし、この人気なら美味しいはずです。

押さえ:デアレガーロ

高松宮記念では1400を使っていたからか出足がつかなかったのが敗因です。

内有利の馬場の中、外を回してよく追い込んできています。

能力的にはここでも十分通用するでしょう。

 

ただ、内枠というのが少し気になります

馬群突破の経験があまり無いからです。

状態についてはいいと思いますが、 押さえ評価としました。

押さえ:ハッピーアワー

NHKマイル7着は馬場のいいところを通ってきたので、あまり評価していません

「1600 M は長い」という理由からか、わざとゆっくりゲートを出る競馬をしています

そのため「距離短縮の今回が狙い目」だと思います。

ただ普通に出しても、ゲートが速い馬ではありません。

昨年札幌1200Mのレース(すずらん賞)を勝っていますが、後ろからの競馬でした。

古馬のハイベースにいきなり対応出来るかどうかは微妙ですが、スプリント適性はあるはずなので押さえます。

押さえ:セイウンコウセイ

3走前のシルクロードステークスではブリンカーを付けて暴走しました。

それがいい契機になったのか、ブリンカーを外した高松宮記念とCBC賞でも行きっぷりが良く、馬券に絡んだ形です。

今回は沢山逃げ馬がいるものの、譲らないと見ました。

ハナを切った時は崩れる可能性が低いので、ヒモには押さえておきます。



予想の印

◎ナックビーナス
◯ダノンスマッシュ
▲リナーテ
★シュウジ
△デアレガーロ
△ハッピーアワー
△セイウンコウセイ

無印:ライオンボス

この馬「1000M専門」だと思われているから人気が無いのでしょうが、1200Mを走る可能性は十分あると考えています。

というのも1200Mで負けたレースはハナへ行けるのに抑え込んで控えたからです。

 

そのため、ハナに行けば好走するかもしれません。

ただ、今回は内枠にセイウンコウセイが居る中で、外目の枠を引いてしまいました。

ルパルー騎手が無理矢理行く可能性もあるものの、右回りの経験が殆どないだけに買いづらいです。

ハナに行けなければ4コーナーで膨らんで内の馬に進路を明け渡す結果となるでしょう。

また、調教過程にも疑問があるので、今回は見送りました。

 

無印:タワーオブロンドン

函館スプリントステークスは、後ろから行き過ぎたのが敗因です。

前走の内容を見る限り1200 M はこなせるとは思います。

ただ調教が少し軽いような気がしました。

この馬は藤沢厩舎でもソコソコ時計を出す調教をしているので、今回の調教内容はどうでしょうか。

相手は大幅に強化されますし、このオッズなら無印とします。

消し:アスターペガサス

前走の函館スプリントステークスはスタートで若干遅れましたが、それ以外は完璧な競馬です。

カイザーメランジェと同じような位置取りを走っていたにも関わらず、内容的には完敗でした。

今回どれだけは上積みがあるかというのは分かりませんが、消し評価とします。

以下同様に
サフランハート
ダイメイフジ
カイザーメランジェ
を消し評価とします。

新潟2歳Sの予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。