関屋記念の予想(本命:ミッキーグローリー)

ファストアプローチが取り消したので、トミケンキルカスが逃げると思います(サラキアも前走は逃げていますが、全馬どうぞどうぞして押し出された形なので今回は逃げないと思います)

ペースはスローとなるでしょう。

馬場は例年より若干外がいいかもしれません。

外枠の差し馬を中心に狙います。



本命:ミッキーグローリー

前走のマイルCSは内伸び馬場を外へ回したのが敗因です。

春は軽度の骨折が判明して棒に振りました。

調教を見る限り「状態はほぼ万全」だと思います。

関東馬はこの夏、美浦の南Wが使えないせいで調整に四苦八苦していますが、この馬は元々坂路調教馬です。

このレースに向けて、しっかり調整できました。

休み明けはイマイチ結果が残って無いものの、過去の長期休み明けと比べればマシだと思います。

スタートがいい馬なので、無理に抑えなければ中団が取れるはずです。

もし仮に逃げ馬が外に出すような事になっても、何とかなると思います。

斤量面も考えれば1番人気も妥当・・・

と思ったら、現在は3番人気なのですね(・∀・)。

そのため、急遽本命にします(罠かもしれませんが)。

対抗:ミエノサクシード

前走の中京記念は「厳しい流れになりそうなので対応出来ない」と思って消し評価でした。

後ろで脚を溜めた結果、惜しい4着です。

最後の直線で前が開いていたら馬券圏内だったと思います。

中京記念:8枠15番

今回は得意とする長い直線のコースです。

外目の枠を引けましたしペースもスロー濃厚なので、今回は一転して高い評価としました。

3番手:ハーレムライン

穴ならこの馬だと思います。

前走は14番人気ながら、中団に構えて上がり3F33.2の脚を出して完勝です。

それまでと比べて調教タイムが速くなったので、この冬に成長か馬体改善があったのでしょう。

ちなみに今回も調教タイムは良好です。

前走くらいか、それ以上に走れると見ています。

能力的には足らないと思いますが、今回は「上位人気馬がベストとは言えない状況」と見ているので、オッズ的に美味しいはずです。

4番手:サラキア

この馬は器用に立ち回るタイプではなく、直線が長いコースが得意です。

近走は力の出しきれない競馬が続いていたので、馬群がバラけやすいエプソムカップでは本命にして2着でした。

今回は馬群がバラけない可能性が高く、内枠はマイナスだと思います。

調教を見る限り、前走の方がいいです。

馬の能力的にはここでも勝ち負けだと思いますが、今回は評価を落としました。

押さえ:ケイデンスコール

まさかこんなに人気になっているとは・・・。

中京記念で3歳馬1-2しているからでしょうか。

中京記念の3歳牡馬の斤量は52KGでしたが、今回は53KGです。

プリモシーンは牝馬で55.5KGでしたが、ミッキーグローリーは56KGです。

斤量だけで競馬が決まるわけでは無いですが、今回は3歳馬がそこまで有利とも思えません。

また、ケイデンスコールのNHKマイルは外伸び馬場で恵まれただけの評価です。

NHKマイル(8枠18番)

今回の馬場も外がいいですが、内枠を引いてしまいました。

調教は悪くなかったと思いますが、少し過剰人気だと思います。

押さえ:オールフォーラヴ

調教だけならこの馬が一番だと思います。

2連勝中ですが、更なる上積みがあるでしょう。

ただ、攻め過ぎのような気もします。

新潟への輸送もありますので、当日の馬体重やパドックは注意です。

あと、この馬は切れ味タイプでは無いので、上がり比べはどうでしょうか。

そういった理由で、押さえ評価としました。

押さえ:ディメンシオン

「新潟替わり」で狙いたい一頭です。

この馬は器用ではありません。

ターコイズSでは外へ膨れたのが敗因となります。

前走は新人騎手を乗せたように、露骨な叩き仕上げだと見ました(内枠だったのも敗因かも)。

今回は戸崎騎手なので、やってくれるはずですが、調教を見る限り大幅な上昇があるとは思えません。

そのため押さえ評価です。



予想の印

◎ミッキーグローリー
◯ミエノサクシード
▲ハーレムライン
★サラキア
△ケイデンスコール
△オールフォーラヴ
△ディメンシオン

無印:ソーグリッタリング

印が回りませんでした。

前走は「進路を探している内に踏み遅れた」感じなので、着差程は負けていません。

ただスローの上がり比べはどうでしょうか。

前走でスローペースにはそれなりに対応していますが、スローのキャピタルSでは不利があったハーレムラインにも負けています。

頭数の都合上、印が回りませんでした。

消し:ロシュフォール

前走の七夕賞は小回り・道悪が敗因だと思います。

ただ、ちょっと負け過ぎではないでしょうか。

この馬は元々美浦の南W調教馬なので、使えない影響があると見ています。

今回の調整過程も(・・?です。

現在2番人気なのは、最近重賞では調子がいい田辺騎手だからではないでしょうか。

ちなみに、七夕賞は三浦騎手が上手く乗っています。

七夕賞(2枠3番)

そのため、今回田辺騎手に変わってもそこまでプラスになるとは思えません。

明らかな過剰人気と見て、消し評価です。

以下同様に
マイネルアウラート
ヤングマンパワー
トミケンキルカス

を消し評価とします。

エルムSの予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。