NHKマイルカップの予想

馬場は例年通り(内外差無しで高速)だと思いましたが、本日の東京競馬が雹が降って突然の中止

明日はどうなるか解りませんが、一過性のものと見て良馬場と仮定して予想します。

何が逃げるか解らないですが、縦長の流れを作る馬は居ません

見た目のペースは平均より速いかもしれませんが、「高速馬場を割り引くと実はスローだった」というパターンで速い上がりが求められるはずです。

 

本命:グランアレグリア

理由:令和最初のG1は当てたいので(^o^)令和最初の重賞はGETしておりますが([最強]競馬ブログランキング)。

前走の桜花賞は文句なしの圧勝。

同じ競馬が出来れば、ここでも連は外さないはずです。

ただ、問題なのは「朝日杯敗因が解らない」事にあります。

「アドマイヤマーズに早くこられた」のが敗因なら、今回はその馬が居るわけです。

「内にささったのが敗因」という意見もありますが、桜花賞も同じような症状が出ています。

「状態に何かしらの問題があった」のかもしれませんが、じゃあ今回どうなの?と言われても調教を見ただけでは解りません。

人気を考えれば積極的に買いたいとは思わないですが、他に買える馬が居ないので仕方なく本命です。

対抗:アドマイヤマーズ

皐月賞は上がり比べとなり、馬群の中に居て仕掛け遅れた形です。

今週は

デムーロ騎手の不調の理由

という記事を書きましたが、
ドゥラメンテの皐月賞みたいに無理矢理外へ出しておけば結果は違っていたはずです(アドマイヤマーズはドゥラメンテみたいに制御が効かないタイプじゃないので、あれをやると関係各所から相当怒られそうですが)。

アドマイヤマーズの皐月賞は脚を余した印象なので、「上位の馬との力差は無い」と見ています。

本命にする予定でしたが、対抗に下げたのは調教が原因です。

関西馬で短い間に輸送が続くので調教を緩くしたのだと思いますが、ちょっと緩すぎる気がします。

京都新聞杯ですら皐月賞組は全滅だったように、この馬もパフォーマンスを落とす可能性は十分あるはずです。

実力的にはこの2頭で決まるはずですが、馬連1点に大金を突っ込む勇気がありません。

ただ考えている事はみんな同じで、今の所4倍も付いています(馬連5%UPの魔力)。

非常に悩ましいですが、おそらく個人的に買う馬券は「グランアレグリア頭固定の3連単を少額買って観戦」するレースになるはずです。

3番手:ダノンチェイサー

きさらぎ賞の勝ち方が圧巻でした。

相手もそんなに弱くはありません。

馬場も今回の方が向いていると思います。

折り合いが悪い馬なので、距離短縮はプラスのはずです。

上位人気馬を全て高く評価するのはどうかと思いましたが、今回はいい穴馬が居ないので仕方ありません。

4番手:ヴァルディゼール

前走は脚を余した形なので参考外です。

それまでの2戦の内容を評価しました。

シンザン記念は相手が弱いですが、デビュー2戦目で3歳重賞を勝ち切るのはなかなかのものです。

血統的にはロードカナロア×ハーツクライで、高速の東京マイルは合うと思います。

関東への輸送は経験が無いだけに少し心配ですが、オッズ的には美味しいと見て4番手です。

押さえ:カテドラル

気性が荒い馬で前走は後ろポツンがハマった形だと見ています。

しかし、出遅れや進路が無かった事を考えれば実質的に勝ちに等しい内容です。

2歳時にヴェロックスに勝ったのはあまり評価してないのですが(この時のヴェロックスの仕上げは悪かったので)、この相手なら通用するかもしれません。

前走よりスムーズな競馬が出来るかどうかがポイントとなります、

心配なのは関東への輸送です。

惨敗した関東での2戦は、騎手が上手く乗っているように見えます。

敗因が輸送くらいしか残っていません。

輸送も経験を重ねれば大丈夫になるものですが、あまりにも落差があるので、押さえ評価までとしました。

押さえ:プールヴィル

いちおうこの馬も買っておきます。

前走の桜花賞は4コーナーの時点でグランアレグリアに交わされましたが6着に粘りました。

外枠だったので、押して出ていった結果ハナに立ちましたが、本来はハナに行かなくても大丈夫な馬です。

今回は馬なりで出ていき、2~3番手に付けると思います。

前走は高速馬場参考記録ですが、逃げて33.8の上がりを出せています

今回もそれなりの脚を出せるのではないでしょうか。

グランアレグリアに先着できるとは到底思わないですが、3着くらいはあるかもしれません。



予想の印

◎グランアレグリア
◯アドマイヤマーズ
▲ダノンチェイサー
★ヴァルディゼール
△カテドラル
△プールヴィル

消し:ファンタジスト

前走は距離が長かったという事で今回短縮して来ました。

それはプラスだと思いますが、前走が負け過ぎです。

調教もスプリングSの方が良かったように思えます。

朝日杯の敗因もよく解りません。

あそこから多少前進があっても、掲示板までだと見ました。

消し:グルーヴィット

ノーザンファームで外国人騎手だからか人気になっています。

調教は確かに良かったと思いますが、常識的には買えません。

血統的には芝馬(兄弟は芝のレースを使っています)なのですが、ダートを使っていたのには何か理由があるはずです。

前走は相手が弱いですし、「高速馬場の上がり比べになると厳しい」と見ています。

 

消し:ヴィッテルスバッハ

こちらもノーザンファームと戸崎騎手という理由で人気になっているのかもしれませんが、過剰人気です。

確かに前走は出遅れて脚を余した形ですが、この馬は毎回スタートダッシュが遅いので、明日も後ろからとなるでしょう。

馬場が高速なら、先行馬でも33秒台で上がる馬が何頭か居るはずなので、後ろから外をブン回しても届かないと思います。

以下同様に
クリノガウディー
イベリス
マイネルフラップ
ミッキーブラック
ロードグラディオ
ワイドファラオ
ハッピーアワー
トオヤリトセイト
ケイデンスコール
を消し評価とします。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。