天皇賞春の予想(本命:ロードヴァンドール)

平成最後のG1となる春の天皇賞、ヴォージュかロードヴァンドールが引っ張る形になると思います。

後ろはそれを見る形です。

メンバー的には2018年菊花賞の焼き直しですが、流れは違うと思います。

馬場は例年通り高速馬場と仮定しました。

展開次第ではありますが、スタミナはそんなに問われないはずです。

本命:ロードヴァンドール

平成最後の G 1ということで攻めてみました。

評価しているのは前走の阪神大賞典です。

ロードヴァンドール(1枠1番)

スタートからサイモンラムセスと競る形となります。

1周目スタンド前で落ち着いたと思いきや、外に出してハナを奪いにかかりました。

その結果、1コーナーで外へ膨れて距離ロスをしてしまいます。

後続を突き放すことが出来たものの、4コーナーで捕らえられました。

 

はっきり言って、滅茶苦茶な騎乗です。

でも、VTRやラップを分析してピンときました。

コレ、春天の予行演習ですよね(・∀・)

おそらく今回も同じような競馬をするでしょう。

逃げ宣言をしているヴォージュが出ムチを使ってくるかもしれませんが、最初のコーナーは2番手でもOKです。

1周目スタンド前で外へ出してハナを奪うという選択肢もあります。

勝負は2周目3コーナーの坂の頂上までにどれだけのリードを作るかです。

坂上まで来てしまえば少々スタミナが切れようが、「高速馬場」プラス「下り坂」で最後まで持つことがあります。

そこが前走(稍重の阪神外回り)との決定的な違いです。

 

枠は外を引いてしまいましたが全く問題ありません。

菊花賞の18番枠なら困りますが、春天の13番枠なら想定される距離ロスは軽微です。

大外枠という理由で人気が落ちているのなら、寧ろ美味しいと思います。

 

展開的にもメイショウテッコンが武豊騎手じゃないだけに有利です。

京都外回りの名手である武騎手なら、ベストなタイミングで前を捕まえに来るはずですが、他の騎手ならミスる可能性があります。

「メイショウテッコンに前走のような競馬をされたら困る」と思ったノーザンファームが根回しして、武騎手にディアドラを差し出した形です(本当かよ)。

ロードヴァンドールはその漁夫の利を得ると見ました。

 

調教に関しても悪くなかったと思います。

本当に良かった時期と比べると微妙ですが、近走の中では一番いいはず。

ただ、今回ブリンカーを外してきた理由はよく分かりません。

ブリンカーをつける前は小倉大賞典や大阪杯でハナへ行けませんでしたが、相手が快速マルターズアポジーだったので仕方無いです。

そのため本来は「ブリンカーを付ける必要が無かった」可能性があります。

ブリンカーを付けて臨んだ札幌記念では、スタートで寄れるなどイマイチでした。

その後もブリンカーを着け続けた結果、今は安定したスタートが切れています。

そのため、外してプラスかどうかはワカリマセン。

おそらく横典騎手の進言で外したのだと思いますが、どうなるかは、丁半博打だと言えます。

 

平成最後の G 1は典さんと心中することになりました。

その理由は

この御方にパーマを当てると

典さんに似ているからです。

 

不敬罪

対抗:フィエールマン

ロードヴァンドールを本命にした場合、紐は難しくなります。

ロードヴァンドールが残るなら、後ろは仕掛けのタイミングをミスることを意味するからです。

昨年春の天皇賞のように超ロングスパートレースになる可能性が高いですが、スタミナ自慢の馬が・・・です。

それはさて置き、フィエールマンは菊花賞で「絶対来ない」と言わんばかりの自信の消しでしたm(_ _)m。

何故なら必ず出遅れる馬で、コーナーも下手だからです。

京都外回りは4コーナーで最後尾だと基本届かないですから、「バックストレートでポジションを押し上げない限り、馬券圏内は無理」だと考えて消しました。

ところが、フィエールマン、ゲート出てしまいます。

一夏起こして成長したのか、ルメール騎手が上手いのか、次走もゲートを普通に出ています。

今回もゲートをきちんと出て中団に付けられるなら、逆らう必要はないでしょう。

1番人気なのでもう少し低い評価の予定でしたが、調教が良かったです。

冬から成長していると思います。

菊花賞はペースに恵まれましたが、スタートさえ出れば、あんなにスローとならなくても大丈夫のはずです。

 

3番手:エタリオウ

前走はこの馬の持ち味を生かした競馬だったと思いますが、仕上がり途上だったので負けました。

調教を見る限り、前走よりかは良さそうですが、完調かどうかは微妙です。

調教の差でフィエールマンを上に取りました。

また2番枠もどうでしょうか。

バックストレートで早めに動かないと勝負にならないので、出来ればもう少し外が欲しかったです。

少頭数・縦長の競馬なので大丈夫だと思いますが、多少リスク要因だと言えます。

4番手:メイショウテッコン

前走は武騎手が教科書通りの逃げをした形です。

福永騎手に変わってどうなるでしょうか。

おそらく王道の競馬をするとは思います。

ロードヴァンドール、ヴォージュを見ながら、3番手で実質馬群の先頭という形です。

問題は仕掛けのタイミング。

ライバル馬が後ろに居る以上、福永騎手なら後ろが動くまで待つと思います。

エタリオウやフィエールマンが動かなければ、ある程度トップスピードが問われる競馬となるでしょう。

そうなるとこの馬には厳しいです。

また調教もイマイチでした。

オッズ的を考えれば軽視する必要は全くありませんが、見かけ上は4番手とします(2番手~4番手は同じくらいの扱いです)。

押さえ:パフォーマプロミス

内で足を溜める競馬が得意な馬です。

有馬記念も宝塚記念も外から競馬をして、コーナー区間で置かれています。

有馬や宝塚の敗因が明確なので、このメンバーなら十分勝負になるでしょう。

出来れば内枠は欲しかったですが、人気がないので一応押さえておきます。

押さえ:クリンチャー

前走は外を回す馬に厳しい流れでした。

そのため、この馬は着差以上に強い競馬をしています

調教見る限りは良かった頃に近づいているはずです。

昨年の春の天皇賞だけ走れば十分チャンスがあるでしょう。

しかし、外枠を引いてしまいました。

この馬に関してはロードヴァンドールと違って若干マイナスと見ています。

 

押さえ:ユーキャンスマイル

無印でも良かったのですが 、押さえました。

菊花賞は武騎手が神レベルの騎乗をして3着です。

能力的にはフィエールマン・エタリオウ・メイショウテッコンよりかはワンランク落ちると見ています。

そのため、買う必要は無いのかもしれませんが、ロードヴァンドールが馬券に絡む場合、後ろはグチャグチャになる可能性があるので、前走のように内で足を溜めて自分の競馬に徹すれば、馬券圏内の可能性もあるはずです。



予想の印

◎ロードヴァンドール
◯フィエールマン
▲エタリオウ
★メイショウテッコン
△パフォーマプロミス
△クリンチャー
△ユーキャンスマイル

無印:ヴォージュ

ロードヴァンドールを買う以上、似たような位置にいるこの馬も買っておくべきかもしれません。

ただ、好走した万葉ステークスは位置取りに恵まれただけです。

前走の内容を見てもわかるように、能力が足りてないと思います。

ロードヴァンドールは万葉ステークスのようなドスローの逃げにはしないはずなので、ヴォージュは途中で脱落すると見ました。

消し:グローリーヴェイズ

阪神大賞典でシャケトラを本命にした理由に「戸崎騎手は京都外回りだと経験不足ですが、阪神内回りなら中山感覚で乗れるので大丈夫。」と解説した手前、軽視しなければいけません。

元々川田騎手が乗る予定だったので、それなりの期待度(仕上がり)があるのかもしれませんが、同じ4歳馬の比較だとユーキャンスマイルと一緒で、上位と比較してワンランク落ちるでしょう。

菊花賞のような競馬をしてもやはり5着争いと見て、消してみました。

以下同様に

リッジマン
チェスナットコート

を消し評価としました。

 

お知らせ

新潟大賞典の予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開予定ですが、システムトラブルなのか印が打てません(ランキングには本命馬を書いています)。

明日の日曜23時までに印が打てない場合は、Twitterの方で印を公開します。

また、「振り返り記事は書かない」としていましたが、Twitterだと文字数の制限で伝え足りないので、振り返り記事を書こうと思います(月曜の午前中までにはUP予定)。





直近の「予想記事」や「競馬ニュース」はトップページよりご確認下さい。
トップページヘのリンク
ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。