セントウルステークスの予想(本命:マテラスカイ)

逃げるのはマテラスカイだと思います。

マテラスカイが逃げたレースは厳しい流れで内有利です。

芝も例年通り内有利ぽいので、そういう馬を買いたいと思います。



本命:マテラスカイ

芝は京王杯2歳Sで惨敗しているものの、無理矢理控えようと折り合いを欠いてズルズル下がる内容だったので参考外です。

2016京王杯2歳(4枠5番)

「東京芝1400」と「芝のスプリント戦」は別競技ですから、この負けは気にしません。

 

血統を見ても父Speightstown、母父Rahyならダートよりも芝の方が得意な可能性すらあります。

ちなみにSpeightstown産駒は有名所だとモズスーパーフレア、リエノテソーロです。

Rahy産駒の重賞4勝は全て芝です。

 

また、過去のレースを振り返ると、前走プロキオンSの芝スタートは頭一つ抜けたスピードを見せています。

2019プロキオンS(5枠9番)

 

足抜きが良かった昨年プロキオンSも「芝適性が高いからレコードタイムが出せた」のではないでしょうか。

ちなみに昨年のプロキオンS、マテラスカイの1200M通過が1分7秒5であり、例年のセントウルSなら勝ち負けのタイムです。

 

あとは内枠を引くだけでしたが、注文通り内枠を引けました。

逃げという観点で見るとラブカンプーの方が速いかもしれませんが、川須騎手が武豊騎手の馬に競りかける勇気があるとは思えません。

逃げ馬は他にもイベリスが居るものの、この馬はゲートからの1完歩目が遅いので、逃げられないはずです。

おそらくマテラスカイ武豊騎手のペースになるのではないでしょうか。

 

調教については坂路で自己ベストの49.4秒を出しています。

ただし、今週の栗東坂路は速い時計が出る馬場だったので、出来がいいと判断するのは早計です。

最終追いきりに乗った武豊騎手も「息遣いがまだ・・・」と言っているように、前走と平行線くらいの出来だと考えています。

それでも3馬身以上ちぎって勝つ可能性があるので、本命です。

対抗:タワーオブロンドン

僕は今回「マテラスカイが後ろを突き放して勝つ」と考えているので、相手は内から着を拾いそうな追い込み馬を中心に買います。

タワーオブロンドンの前走は、厳しい流れを後ろでじっと我慢して、馬群を縫うような形で2着でした。

サマーシリーズを取るには1着しか無いので、明日も同じようにイン突きを狙って来るでしょう。

短期間での長距離輸送については心配ですが、人気どころで内から差してこれそうなのがこの馬くらいですから、相手筆頭です。

3番手:ファンタジスト

北九州記念では無印でしたが、小倉2歳の時に「この馬は操作性がいいので、距離が伸びても大丈夫」と解説した手前、1200Mに戻って軽視した形です。

案の定、流れに付いていけませんでした。

ただ、14着でもそんなに負けていません

今回も最後尾からになるでしょうが、「追い込み馬有利」と見たので買いました。

坂路で自己ベストを出したのは、マテラスカイと同様に評価してないですが、状態は悪く無さそうです。

4番手:アンヴァル

前走の北九州記念ではスタートが悪く、最後の直線でも進路がありませんでした

勝てていた内容だったので、非常に勿体無い競馬です。

今回は内有利だと想定しているので、外枠を引いたのはマイナス評価となります。

前走が最大の狙い所だったと思いますので、今回は4番手としました。

押さえ:ミスターメロディ

高松宮記念は内有利の馬場で恵まれただけなので評価していません。

ただ、初めての芝1200Mだったので、今回はペース慣れという上積みがあるはずです。

この馬も外枠を引いたので、そこはマイナスですが、いちおう押さえました。

押さえ:ダイメイプリンセス

前走は文句なしの圧勝です。

元々夏場は強い馬なのですが、今年に入ってからの内容があまりに悪かったのでノーマークでした。

前回買わなかった事を深く反省して今回は買いますが、川田騎手に乗り替わるのはどうでしょう。

サマースプリントのタイトルを取るには掲示板が最低条件ですから、後ろから着を拾う競馬に徹するのが定石ですが、川田騎手はそういう競馬をあまりしない印象です。

そこが少し気になりましたので、押さえ評価としました。

押さえ:イベリス

いちおう前に行く馬も1頭は押さえたいので、この馬を買います。

前走のNHKマイルは馬場の悪いところを通ったのが敗因です。

スプリント戦はまだ底を見せてないだけに、古馬相手でもいきなり通用する可能性は十分だと見ています。

ただ、この馬は馬群の中での経験がありません

ゲートからのダッシュが速い馬では無いので、今回は包まれる危険性があります。

マテラスカイが縦長の流れを作り、包まれないスペースが出来てくれればいいのですが果たして。



予想の印

◎マテラスカイ
◯タワーオブロンドン
▲ファンタジスト
★アンヴァル
△ミスターメロディ
△ダイメイプリンセス
△イベリス

無印:ペイシャフェリシタ

前走は差し決着ではありましたが、4コーナーでペイシャフェリシタの前がポッカリ開き、恵まれたと考えています。

今回も内枠を引けたので恵まれると思いますが、前走の内容では全然足りないはずですし、調整過程にも疑問があるので無印としました。

 

無印:キングハート

こちらも内枠を引いたので買いたい一頭でしたが、調教を見て「状態的にどうなのかな?」と感じたので印は打ちませんでした。

消し馬については
カイザーメランジェ
ラブカンプー
タマモブリリアン
のみとさせて頂きます。

京成杯オータムハンデキャップの予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



この記事を書いた人
メタボ教授

Twitter:@metabopro
著書 "競馬で勝ち続ける1%になる方法" が全国書店にて好評販売中。
常日頃「当たる予想は有料でも公開しない」と言っているものの、2018年全重賞無料公開予想をうっかりプラス収支にしてしまう。
2019年も何故かプラス域。
もちろん後出し・インチキは一切ナシ。

予想の回収率や集計ルールについては
当ブログの回収率集計方法
よりご確認下さい。


ブックマークやホーム画面へのご登録をよろしくお願いします。
トップページへのリンク
トップページヘのリンク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。